読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆ギレさんとみちのくの虫

山形で本業を忘れて虫採りをする大学生のブログ。いろんな虫に中途半端に足を突っ込んでいます。

一年ぶりの逢瀬

キキヤミのところに虫好きの妹が遊びに来たので、観光を兼ねて蔵王アサギマダラに会いに行ってきました。

往復1300円の中央ロープウェイに乗り、鳥兜駅へ。30分に一本くらい出ているので快適です。
この日の山形は午後から雨の予報でしたが、今のところ晴天。去年は山形市街地は快晴で、蔵王に来たら暴風雨ということもありましたが、今日はそんなこともなくて一安心。

f:id:ParanticaSita:20160823082515j:image

2016.8.21 山形市蔵王

 

一休みするオニヤンマと目が合う。

f:id:ParanticaSita:20160823082531j:image

 中央高原駅で降りて、散策します。去年アサギマダラを見に行ったポイントに行くと藪がひどくなっており、道の雰囲気がかなり変わっていました。

キキヤミが去年見つけたいいポイントがあるとのことで、案内してもらうことにしたら「あれ~~??なんか違う…」の繰り返しで行き方を忘れてしまったようでした。三人で歩きながらキキヤミの言うお花畑を探して引き返します。

 

f:id:ParanticaSita:20160823082610j:image

ブナ、シラカバ、ダケカンバが並ぶ気持ちの良い林。

しばらく進んでいくと本日1頭目のアサギマダラがやってきました。 

f:id:ParanticaSita:20160823082633j:image

このステンドグラスのような翅、優雅な飛び方、渡るロマン。どこをとっても良い蝶です。アサギマダラに関してはもはや「好き」以外の感情がない。今年もやっと逢えた。

 

しばらく歩いて、ヨツバヒヨドリが咲いている斜面を登ります。

するとキキヤミの言っていたお花畑に出ました!!

 

f:id:ParanticaSita:20160823082701j:image

エゾオヤマリンドウも見頃。

 

どこまでも気持ちの良いお花畑です。

f:id:ParanticaSita:20160823083401j:image

 

キキヤミの妹も「いわゆる”高原のお花畑”をはじめて見ました!」と興奮気味。

我々が登ってきた斜面からアサギマダラが数頭やってきました。

 

f:id:ParanticaSita:20160823083436j:image

 

まるで夢の中の世界。ふわりふわりと優雅に風を纏ってきたアサギマダラが、ヨツバヒヨドリで吸蜜します。

私は毎年この時期にアサギマダラを充電しないと精神的な不調で死ぬんじゃないかとすら思います。慎重に、慎重に近づいてアイフォンで写真を撮っていると、キキヤミが「わ!イチゴ!!…やばい甘い!!甘〜〜い!もうイチゴっていうか甘さのレベルがジャム!!甘くてジャムだよ〜〜!甘〜〜〜い!!こんな甘いイチゴ初めて!!!」と騒いでいて、こっちが息を殺してアサギマダラに近づいて行ってるんだからちょっとは配慮しろよ!!という気持ちになりながら数枚パシャパシャ。

 

f:id:ParanticaSita:20160823083454j:image

 

動いていると素晴らしく魅力的なチョウなのに、画面に収めようとすると私の技量不足でなかなか形がキマらない。

開翅したところを撮ろうとしても、新しく吸蜜する植物に飛び移って2、3回翅をパタパタと開いたり閉じたりして、あとはずっと閉じているので最初の数秒を狙うしかありません。

とりあえずひとしきり楽しんでお昼くらいに下山し、蔵王名物のジンギスカンを食べて足湯に入って、午後からは別行動なので解散しました。

f:id:ParanticaSita:20160823083706j:image

 

この時期に山形に虫好きが遊びに来たら、十中八九案内するであろうアサギマダラ蔵王観光のモデルコースでした(笑)

来年は裏磐梯など、アサギマダラがすごく多いらしい場所に時期を合わせて行ってみようと思います。