逆ギレさんとみちのくの虫

山形で本業を忘れて虫採りをする大学生のブログ。いろんな虫に中途半端に足を突っ込んでいます。

冬のマイマイ行脚④~青森2/2・岩手・宮城編~

 

だいぶ間が空いてしまいましたが、ハルさんとのマイマイツアー最終回です。
 
3/24
5:00 
五所川原の道の駅「鶴の里」で起床。
晴天続きだったのに五所川原に来たとたん信じられないくらい寒くなったり雪がちらついたりして、夜はなかなか眠れませんでした。
 
7:15
あかなめさんと合流。あかなめさんも車持ちですがガソリン代ももったいないので私の車一台で行きます。
 
今日の目的地は竜飛岬と浅虫!竜飛岬を目指しながらマイマイを掘って、竜飛で海鮮丼を食べて、帰ってきて浅虫温泉に入ろう!という青森満喫プランです。
 
竜飛は青森北部の左右の出っ張りの、左側の出っ張りの北端です。右の方は本州最北端ということもあり「セイシュンセイシュンしている大学生が安直に行きそうな場所だな…」と思ったのと、今後何かの機会で行くだろうという認識だったのであえて左側に行きます。(ちなみに“最北端”とか“最南端”は、こじらせたクソバックパッカーやキラキラ一人旅さんが集まりやすいという屈折した認識をしています。)
 
9:00
北津軽郡中泊町。道沿いだとあまり良さそうな場所がなかったので、とりあえずルートを外れてテキトーな山を目指します。
小川を越えて藪に進入するもイバラがひどい…
湿った倒木からコクロを一頭出したのみでしたが、ハルさんはマイマイを一頭出せたようでした。さすがです。
 
そのあとも藪深い丘に突撃するもヌル。残念。
 
10:20
下りれそうな海岸を見つけたので車を止めてしばしビーチコーミングごっこ。
f:id:ParanticaSita:20160618183255j:plain
2016.3.24 青森県
 
 
 
 
竜飛を目指してナビの指示通りに車を走らせるも、なんと冬季閉鎖により途中で行き止まり。 
…ならもっと早くに目立つ看板立てとけよ!!!!!
ながーい一本道をひたすら引き返します。
竜飛までの距離が結構あるのに、三人乗せた中古のポンコツ車はなかなかスピードが出ません。
 
私「坂スピード出せなくてごめんなぁ」
あかなめ「まあ軽だしね」
私(こいつ自分の愛車がジムニーの新車だからって…^^)
 
13:30
ようやく竜飛岬に到着。営業時間が怪しいのでgoogle mapで見つけた「津軽海峡亭」という海鮮丼屋さんに飛び込みます。
 

f:id:ParanticaSita:20160618220629j:plain

2016.3.24 青森県竜飛岬 津軽海峡亭 わーい!!海鮮丼だーー!!!!
 
 
竜飛岬はめちゃくちゃ寂れた観光地(失礼)で、マイマイカブリがいそう!という感じもなくなんかもう一周回って観光モードに。
 
風がめちゃくちゃ強いけど眺めはかなり良い。 ただし写真を撮ろうとするとクソダサイホテルがバーンと画面に入ったり、全然いいポイントがない(笑)
 
 

f:id:ParanticaSita:20160618220739j:plain

2016.3.24 青森県竜飛岬より北の永久凍土()を臨む
 
他にも青函トンネル記念館に行ってみると冬期間の見学を受け付けていなかったり、石川さゆりの「津軽海峡冬景色」の碑(ボタンを押すと爆音で歌が流れる)をピンポンダッシュして走り去るなど存分に楽しみました。連日の採集と慣れない長距離運転でなかなかに疲弊していたので良いリフレッシュになりました。
とりあえずそのまま五所川原に戻ってあかなめさんも自分の車を使い、二台で浅虫へ向かいます。
夜まで日帰り入浴を受け付けている温泉がなく、道の駅浅虫温泉にて入浴。リーズナブルだし泉質もきちんと説明してあったけど、普通のお湯にしか思えない(笑)
ここであかなめさんと別れて、私とハルさんは道の駅で車中泊でした。
 
3/25
5:30
起床。ゴソゴソと準備をして南を目指し出発。
 
7:00
樹皮を剝がせそうな立ち枯れ発見。近所の犬に吠え立てられられながら立ち枯れへ。
ベリベリするとカメノコ達の集団越冬。
 

f:id:ParanticaSita:20160618220907j:plain

2016.3.25 青森県南部町
 
10:00
ハルさんが良さそうな倒木を発見。しかし彼女は体調不良で車内待機。
長靴で川を渡ろうとして入ると…思いのほか水深が深いし流れも速い( ^ω^ )
 
とりあえず迂回して、かなりきつい笹藪の斜面をなんとか這い上がり、対岸へ。倒木はカチカチで出なかったものの…
 
 

f:id:ParanticaSita:20160618221032j:plain

2016.3.26 青森県一戸町
 
なんだこの隧道は…(*´ω`*)!!
すぐ隣には線路があり、このトンネルは旧道になっているようでした。一時間近くハルさんを放置して辺りの倒木を崩しながら散策するも結局マイマイは出ず。
 
車を停めた近くにはフクジュソウが咲いていました。もう春です。
 

f:id:ParanticaSita:20160618221554j:plain

2016.3.26 青森県一戸町
 
12:00
 

f:id:ParanticaSita:20160618221252j:plain

2016.3.26 岩手県岩手町 道すがら右手に見える岩手山が美しい。
 
12:30
今回の旅でちょっと楽しみにしていた、盛岡で本場の冷麺!٩(>ω<*)و
ぴょんぴょん舎本店で焼肉と冷麺を頂いてきました。最高!!
 

f:id:ParanticaSita:20160618221645j:plain

 
13:30
南下途中、立ち枯れがボンボンある良さそうな杉林を発見。ほぼ平地でイバラもほとんど無く、次から次へと立ち枯れが目に付くので、上着も着ない軽装で文字通りキチガイのように駆け回る。こういう林はめちゃくちゃ気持ちが良い。 
 
しかし、樹皮下のフレークが薄すぎてなかなか出ないし、崩しても湿気が多いのかコクロナガしか出てこない……
30本目くらいでようやく1頭、出た!!
 

f:id:ParanticaSita:20160618221935j:plain

 
テンション上がりまくりで追加を狙って走るも、はい、コクロナガしか出ません( ^ω^ )
ここで気づいたのですが、もしかして私、迷った???
 
 

f:id:ParanticaSita:20160618222139j:plain

 
ひたすら平地の針葉樹林で、目印になりそうなものもほとんどありません。ちょっと奥まで来すぎました。車道の車の音も反響していろんな方向から聞こえます。とりあえず林内を走って離れた車道に出て、なんとか車に辿り着けました。実は追加で2頭出せました。ヨカッタヨカッタ。
 
18:00
宮城県登米市の道の駅、林林館に到着。
夕飯を食べるつもりが〝18:00営業終了〟……やる気なさすぎワロタ。
近くのローソンで夕食を済ませ(お湯やテーブルなんかもちゃんとあった)、また林林館へ。早めに就寝。
 
3/26
6:00
起床。
本日はキタカミミナミを狙います。
キタカミミナミマイマイとはむか~し、関東から桑の木を移植した際に根についていたマイマイカブリが宮城で定着、現地のキタカブリと交雑したマイマイカブリのことです。頭部や前胸の色、前脚フセツの毛の有無(たしか♀は関係ない)で判断します。
 
7:00
ハルさんはダウンしてしまったので車に放置して林に入ります。
正直私も疲れてきていましたが、マイマイへの執念で山に入ります。キタカブリカラーであるこの一帯で青っぽい奴が出たらキタカミミナミという感じで「青出ろ~~青出ろ~~~」と念じながら修業のように崩していきます。
 
うーん、林内が結構乾燥していて見つけられない…
朽ち木や立ち枯れはそこら中にあるので気力と体力の続く限りはがし、砕いていきます。
 
12:50
やったー!やっと一頭出せました!!
 

f:id:ParanticaSita:20160618222305j:plain

 
…でも全然青っぽさは感じないぞ♡
とりあえず別記事で今回の遠征で得られたマイマイカブリをきちんとまとめるのでその時に疑惑のマイマイがどちらであったかきちんと書こうと思います。お楽しみに(白目)
 
14:00
 気力もほぼなくなってしまったし、山形でマイマイをボンドパックして祝杯をあげよう!ということになり、撤収します。
 
わーい!長旅お疲れ様でした!

f:id:ParanticaSita:20160618222836j:plain

 
今回は本当にいろいろな場所でマイマイカブリを得られたし、各地域自体も楽しめました。また行きたいと思う場所もたくさんできたし、これからの楽しみが広がりました。
 
総走行距離は2300km以上。わーいアサギマダラと同じくらいだー!
私が採れたマイマイは計46頭。集団越冬を狙わずにコツコツいろんな場所でこれくらい採れたらまあ満足です。
ハルさんはマイマイ掘り初心者だというのに、この修行のような旅行に同行してくれて本当にありがとう。ほとんど山での採集だったにも関わらず、マイマイがそこそこ出せているのには流石としか言いようが無いです。蛾をやめて、いっそこのままオサ屋目指してガンバッテ!
あかなめさんも遊んでくれてありがとう!今度はきっちり採集に行きましょう。