読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆ギレさんとみちのくの虫

山形で本業を忘れて虫採りをする大学生のブログ。いろんな虫に中途半端に足を突っ込んでいます。

タマムシの呪いとメクラチビ


2/15に複数の友人達と採集に行く約束をしていたのですが、忙しくてなかなか連絡が取れず、辛うじてメンバーと神奈川の秦野市あたりへ行こう!と決まったのが前日の夜10:30あたりでした。
バタバタと予定が決まった上に、前日から徹夜明けで体力・思考力共に低下していた私は「秦野…秦野といえばTさん!Tさんとも採集行ってみたい!」という短絡的かつ案内をしていただけるかもという下心満載な電話を夜中に掛けて(めちゃくちゃ失礼)、採集に誘ってしまいました。
Tさんは本来こんなドラえもんのように使って良いような人ではなく、私が普段勉強している分野と、虫の両方の面からものすごく尊敬しているおじさんです。

そんなものすごく失礼な誘い方をしたにも関わらず、快諾していただき、さらに車まで出していただけることに…本当に足を向けて寝られません。

東京に滞在中は毎晩ハルさんの社員寮に匿っていただき、この日は同僚との飲み会があるらしく帰りを待たずに先に寝ました。

07:00
ハルさんが徹夜明けで帰寮。準備をして神奈川へ出発。
今回の狙いは
・トゲフタオタマムシ
オサムシ(特にルイス)
・メクラチビゴミムシやガロアムシ
です。

09:30
待ち合わせの駅に到着。Tさん、フクイさんと合流してTさんの車に乗り込み、トゲフタオの有名ポイントへ。

私は“タマムシの呪い”にかかっており、野外での生体のタマムシを一人で見たことがありません。辛うじて鳥取のあるコンビニで踏みつけられグチャグチャになったヤマトタマムシを大事に毒瓶に入れて持ち帰っただけです。
去年の夏もスミナガシやオオムラサキを狙うついでによく晴れた暑い日の山頂で20回はずっと待っているのにも関わらず一度も見たことがありません。しかし、友人が私の行く前日や翌日に同じポイントに行くといるのです。もはや呪いと呼ぶに相応しいレベルの引の無さで、普段からわざわざタマムシを採ろうなどと大それたことは考えないようにしていました。

そんなヤマトタマムシすらまともに採ったことのない人間が、“トゲフタオを絶対に採れるポイント”に案内していただけているのです。今日はいけるぞ!とべらぼうにテンションが上がりながらTさんのレクチャーも聞かずに杉の樹皮を剥がしまくります。
トゲフタオ以外ならいろいろ出てくるのに…

f:id:ParanticaSita:20160218205031p:image
2016.2.15 秦野市 ベニヒラタムシ。いい虫だけど狙いはお前じゃあない。

悶々としながら慎重かつ手早く樹皮を捲っているとハルさんが「ねぇこれってそう?」と可愛いピカピカしたトゲフタオタマムシを手にやってきました。

「うわあ!!!(トゲフタオの写真を確認すらしてないやつに先を越された!!ちくしょう!!!)」
1頭目は見事ハルさんが出しました。ホントにここにはトゲフタオがいるぞ!と樹皮をめくります。












……トゲフタオ、出ません( ^ω^ )

その後も次々とTさん、フクイさん、ハルさんが追加を出していくも私だけ病的に採れません。(イシノミだけなら丼にかけて食べられるくらいぴょんぴょん出てくる)
あまりにも採れないのでTさんが気を使ってしまい、「ここ良さそうだよ!」と手厚い接待採集をしていただくも、それでも採れない( ^ω^ )
これはもうダメだということで、Tさん6頭、フクイさん4頭、ハルさん2頭、私0頭でトゲフタオ採集を切り上げ、次の場所へ…
この際にトゲフタオに血眼になり過ぎてオサ掘りをする暇がなく、後でフクイさんの採ったルイスを見て歯ぎしりする事となる。

14:30
Tさんのガロア探しのお手伝いも兼ねてガレ掘りのポイント。全員ガレ掘りは初体験でTさんからレクチャーを受け、それぞれ決めた場所を掘り進めます。
私はバカなので"バカでもできる"掘るだけの採集は非常に性に合っていて、これがめちゃくちゃ楽しい。
雪がちらつく中、黙々と掘っていると愛くるしい飴色の虫がチョコチョコと走り出てきて、気がつくと親指と人指し指でメクラチビを摘んでいました。(ムネモンウスアオを採った喜びで手に力が入りすぎてクビチョンパした鳥取の某蛾屋の気持ちが少しわかった)

f:id:ParanticaSita:20160218204728p:image
2016.2.15 秦野市産メクラチビゴミムシ。口に含めて舐めまわしたい可愛さ。

16:50
このあたりで雪が本降りになり、帰りの路面状況が心配なため終了。結局メクラチビの追加は出せないまま、ガロアの幼虫が幾つか出るだけでした。
メクラチビを出せたのが私だけだったので、トゲフタオとルイスの悔しさは若干晴れました(笑)

Tさんに駅まで送っていただき、別れたところで“また”Tさんの車内に忘れ物をして更にもう一往復していただきました…毎回ごめんなさい…
今回の採集は120%Tさんのおかげで、全員楽しむことが出来ました。(Tさんがいなければトゲフタオ、メクラチビもボウズ、雪に追いやられて散々な結果だった可能性が非常に高いです。)
あんな不躾な誘いを快く受けてくださり、本当にありがとうございました!みなさんお疲れ様でした。