逆ギレさんとみちのくの虫

山形で本業を忘れて虫採りをする大学生のブログ。いろんな虫に中途半端に足を突っ込んでいます。

はじめてのたかおさん

f:id:ParanticaSita:20160218115825j:image
2016.2.12 高尾山 エサキオサムシ

所用が二件ほどあり、2/11-18まで東京に滞在していました。
2/12にヅカちゃん、フクイさん、フジピロさんと四人で高尾山へ登ってきました。
狙いはラギウムとオサムシ

9:30
f:id:ParanticaSita:20160218113103j:image
2016.2.12 高尾山口駅。このフォントが好き。
高尾山口駅集合。この時点でヅカちゃんは寝坊し、容赦なく捨て置き登り始めます。ロープウェイのあたりまで登っていき、その間良さそうな朽木をちょいちょいと崩すもゴキブリやサシガメしか出ない…。グルグルしたオオトラカミキリの食痕だけはある(笑)

10:30
ヅカちゃん合流。雪はちらほらと残っているものの、この日は異様に暖かく防寒着や上着が要らないほど。良さげな朽木を探しながら道沿いに歩き、斜面を降りたり登ったり…
しかし、さすが高尾山というか登山客が多い多い。ピッケルを持って土を崩したり朽木を掘ったりしようものなら、一般の登山客からは不審者扱いされてしまいます。かといって道を外れても、登山客から見える位置にいると通報されてしまっても文句は言えません。細心の注意を払いながらちょこちょこと掘っては歩き、なかなか成果をだすことができません。

f:id:ParanticaSita:20160218115810j:image
2016.2.12 高尾山

山頂までの道の途中で、フクイさんの知っているラギウムのポイントへ到着。
意気揚々と樹皮を剥がそうとするも……"樹皮がない"…
さすが高尾山と言わざるを得ない状況でした(笑)
モミやマツの剝がせそうな樹皮は全て剥がされ、見るも無残につるっつる。今後もしもラギウム狙いで高尾に行かれる方は""梯子""を持参して登ることをお勧めします。

仕方がないので朽木を崩してオサムシを探す。さっそくエサキオサムシやセンチコガネを当て、写真を撮ろうとしたところ……iPhoneが見当たら無い( ^ω^ )
どうやら来る途中に落としたらしい。

というわけで、この記事には臨場感ある写真がありません!(笑)

派手に斜面を降りたり登ったりした、心当たりのある場所は二箇所。
命より大事な毒瓶を落とさなくて本当に良かったナァ!と思いながら、引き返すことなくとりあえず山頂を目指します(笑)
このポイントで、フクイさんはどうやらラギウムの幼虫らしきものを掘り当てたようでした。

13:00
f:id:ParanticaSita:20160218113327j:image
2016.2.12 高尾山山頂
(写真はヅカちゃんのiPhoneを借りて撮らせていただきました)
山頂到着。山なのに人がごった返しているというのが新鮮で、『マジで二度と来たくねえな』と思いました。東北人がわざわざ高尾山に登るのはゼイタク!(笑)

フクイさんたちから高尾山での夏の虫の話を聞いたり、野犬おじさんの話を聞きながら下山開始。
iPhoneも、無事に滑りやすそうな斜面の上で発見。幸いにも機内モードにしていたため、振動による滑落は防ぐことが出来ました。

15:00
フクイさんのバイト先であるむし社が標本を納品したらしい599ミュージアムを、小汚い格好で見学。一面ガラス張りのモダンでオシャンな建物。建物内の標本へもガラス越しに陽光が燦々と降り注ぎます(笑)

その後、フクイさんの紹介で高尾山口駅すぐ近くの『Cafe mariposa』へ。わりと最近オープンした、オーナーがチョウ屋さんのカフェです。ピザがとても美味しかった!
チョウの良い時期になると庭の花や樹にチョウがたくさん飛んでくるようです。蝶が好きなお姉さんとのデートにはここへ行くのも良いなと思いました。
お店の方や常連さんも気さくな方々で、カトカラの箱を見せていただいたりしながら長時間居座ってしまいました。高尾山へ行った際は是非!

何も採れない採集でしたが非常に楽しい1日でした。でももう高尾山に虫採りには行かないかな( ^ω^ )
ヅカちゃん、フクイさん、フジピロさんありがとうございました!