読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆ギレさんとみちのくの虫

山形で本業を忘れて虫採りをする大学生のブログ。いろんな虫に中途半端に足を突っ込んでいます。

インセクトフェア2015


大手町インセクトフェアへ行ってきました!インセクトフェアどころか“虫を買う”ということ自体初めてで、前日の夜行バスではあまりよく寝れませんでした(笑)

年上の綺麗なオネーサンのハルさんと合流して二人で回ることにしたのですが、開場30分前に着くとビルの3階から外まで既に長蛇の列!想像よりも女性や子供も多く、世間様から疎まれやすい虫も、こんなに多くの人に愛されているのだと妙な感動。

10時になり、最初はハルさんと一緒の部屋に入ったのですが、5秒で消える私(笑)お昼までほとんど別行動でした。ハルさんごめんね。

テーブルの上に国内国外問わず様々な虫が所狭しと並べられていました(インセクトフェアは写真撮影禁止)。
某大学の標本室であるとか、写真でしか見たことのないようなスゴイ虫がたくさん“売られている”というのは非常に奇妙な光景に見えました。みんな箱やタッパーを手に、真剣な目をして虫の品定めをしているのがなんだかすごくいいな、と思います。そういう見方をしてるのはほとんどがおじさんだったけど!

虫を見ていって一番最初に惹かれたのはマイマイカブリや北海道、中国の美麗なオサムシ。いくら珍品や綺麗なものでも日本の虫だと、将来的に採るしまぁいっか…と出処不明の過剰な自信により物欲が出ない不思議(笑)
更に言うと、見ず知らずのおっさんが採った、私にとって思い入れの無い虫はあまり自分の箱に入れたくないというワガママな気持ちもあります(笑)

f:id:ParanticaSita:20150924164133j:plain

そういう理由により、外国の虫をいろいろと物色。ずっと憧れだったキプリスモルフォを格安(翅がちょっと切れてる)で購入出来たのが一番嬉しかったです。

f:id:ParanticaSita:20150924164110j:plain

お腹があるモルフォの標本ってのも珍しいような(モルフォチョウを標本にする時は、後から油が出てきて翅が汚れないように大抵〆てすぐに腹部を取ることが多い)。お店の方に聞いたらアセトンにしっかりつけてあるから大丈夫とのこと。とは言っても、この後どうなることやら…
一番の憧れはヘレナだけど、お値段が全く可愛くなくて手が出ませんでした。価格に関してはアグリアスも然り。(でもいつか野外で見てみたい)

他には未展翅のチョウ、後輩へのお土産用のタマムシ、ちょっと気になったカミキリなんかを購入。先述した通り、赤の他人が採集した虫にはそこまで思い入れが無いため(笑)ラベルがしっかりしていなかったり、多少不完品でもいいやという感じで買ってきて、虫には¥11200ほど使いました。

f:id:ParanticaSita:20150924164052j:plain

満足するまで虫を物色し、合法ロリことtamamushiちゃんとも合流。会場を三人で出ようとすると、ライターを名乗る男性に呼び止められ、“インセクトフェアに来た虫好き女子”としての?取材を受けました。我々にとって虫屋といわゆる虫クラスタはかなり違う生物であるのに、一般人からすると皆一緒に見えるのだなーってのが印象的でした。

その後は神楽坂へ。ガラス細工の展示を見に行ったり、めちゃくちゃ美味しいラーメンを食べたりと虫女子会?を満喫した1日でした。ハルさん、tamaにゃんありがとうございました!また遊んでください(*^^*)