読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆ギレさんとみちのくの虫

山形で本業を忘れて虫採りをする大学生のブログ。いろんな虫に中途半端に足を突っ込んでいます。

蔵王のアサギマダラ

少し前ですが、8/10に山形蔵王アサギマダラに会いに行ってきました。

アサギマダラは今の私が一等好きな虫です。


今回は一応?虫研の活動として行ったので参加者は同学年の雪山、後輩の88と御山、近くの大学の1年生1人の計5名です。今回は88が車を出してくれました(感謝)

この日は朝から快晴。8:00頃に蔵王温泉街に着き、8:30始発のロープウェイに乗り、しばらく歩きます。


夏期は使用されていないリフト乗り場までたどり着くと、リフトの真下からは数十メートルに渡ってヨツバヒヨドリのピンク色の花が咲き乱れています。盛んにアサギマダラの♂が吸蜜に訪花していました。


f:id:ParanticaSita:20150817232715j:plain

2015.8.10 山形蔵王にて


ヨツバヒヨドリには毒があり、それを体に溜め込むことで外敵から襲われにくくしていると考えられています。


f:id:ParanticaSita:20150817232801j:plain


あんまりアサギマダラがこの花を好むので、気になって花を少しだけ摘んで口に含んでみたところ、苦いというかエグみが口いっぱいに広がって、普通の人が食べられるものではありません。


この日見られたのはおよそ35頭。滑空するアサギマダラを眺めたり、ちょこちょこと見よう見まねでマーキングしてみたりと存分にアサギマダラを満喫した贅沢な一日でした。


その後、14頭ほど生かして連れて帰り、部屋に放ちました。


f:id:ParanticaSita:20150817233049j:plain


部屋に蝶を飛ばすのが夢だったのですが後で標本にすることを考えると、普通の蝶だとスレが目立ったり、どこにいったか分からなくなってしまうと思い、なかなか実行に移せずにいました。その点アサギマダラは鱗粉のスレはそこまで目立たないし、何より大きいので、最後には無事回収することができました。


f:id:ParanticaSita:20150817233126j:plain


光に集まるようで、さかんに部屋の明かりに向かって飛んでいました。


f:id:ParanticaSita:20150817233142j:plain


砂糖水を与えているところ。

自然の中で見るアサギマダラは格別ですが、室内だと逃げる心配も無いので安心してじっくりと観察することができました。(よく近づきすぎて逃げられる)

この、光に集まる習性というのが非常に気になりました。